「103万円の壁」には落し穴も 雇用形態が業務委託の場合の注意点プレジデントオンライン

「103万円の壁」には落し穴も 雇用形態が業務委託の場合の注意点

ざっくり言うと

  • 扶養家族の場合で雇用形態が業務委託である場合の注意点を、専門家が解説
  • 給与所得控除が適用されず、扶養控除になる基準が103万円ではなくなるそう
  • 収入から経費を差し引きし、課税所得の額を自分で算出する必要があるという

ランキング

x