新年を迎えて間もない1月4日午後7時頃、いたましい事故は起きた。

【写真】この記事の写真を見る(4枚)

 場所は東京・渋谷区の笹塚駅近く。1人の女性を乗せて甲州街道を走っていたタクシーが、横断歩道を渡っていた歩行者らを次々にはね飛ばした。事故を起こしたタクシーは被害者の1人をボンネットに乗せたままおよそ200メートル走り続け、はねられた49歳の女性が死亡。9歳の小学生男児を含む5人が重軽傷を負う大惨劇となった。


事故を起こしたタクシーを調べる警察官 ©️時事通信社

意識が朦朧として蛇行や加減速

 タクシーのフロントガラスは大きくひび割れ、ボンネットも衝撃で大破。事故現場となった横断歩道には、歩行者のものとみられる脱げた靴や血痕などが残されていた。ハンドルを握っていたのは都内在住の73歳男性で、タクシードライバー歴30年を超えるベテラン運転手だった。

「警察がタクシー会社から押収したドライブレコーダーには、事故の数分前から運転手の男性の意識が朦朧としている様子が映っていて、蛇行や加減速を繰り返していた。運転手は身体を揺らしたり前にうつむくような状態で、乗客の女性が声を掛けても返事がなかった。運転手は事故直後に車外で嘔吐していて、警察では運転中にくも膜下出血を起こしていた疑いがあるとみている」(捜査関係者)

会社にクレーム殺到、仕事が怖くなる人も 

 乗客の命を預かる運転のプロが引き起こした今回の事故。同じタクシー会社に勤務する同僚が、事故前の当日の様子について語る。

「事故を起こした日の朝礼では、特に目立つところはありませんでした。小さなタクシー会社で、ドライバーの3分の1は70歳を超えている。運転手には年2回の健康診断が義務づけられていて、体調に問題があればもちろん仕事はできない。なので、突然の事態だったのだと思う。年も年なので最近は週2〜3回の勤務だったが、コロナの影響でお客さんが減り、全体的に売り上げは落ちていた。事故の後から会社にはクレームが殺到していて、多くのドライバーがハンドルを握るのが怖くなり、辞めることを考えている人もいます」

 事故を起こした運転手は、「自宅のローン返済に追われていた」という。

「ローンが終わったら地元で妻と……」

「彼の出身は九州ですが、自宅は東京ではなく、関東近郊。奥さんをその自宅に残して、東京での単身赴任はもう30年くらいになる。3人の子供を育てながら、40代で地元に念願のマイホームを建てた。奥さんは専業主婦で、彼は毎月の給料から生活費を仕送りしながらローンの返済をしていた。たまに飲むビールが好物で、唯一の贅沢だったと思う。

 数年前に義母が倒れた時は、地元に戻って土木建築の仕事をしていたと聞きました。とはいえ、土建の仕事は重労働で高齢の身には辛かったようで、義母が亡くなった後に東京へ戻り、以前勤めていたタクシー会社でまた働くようになりました。『地元でタクシーの運転手をしても稼ぎにならない。東京の方が稼げるし、道にも慣れていて自分に合っているから戻ってきた。ローンがもうすぐ終わるからそれまでは東京で働いて、ローンが終わったら地元で妻とゆっくり暮らすのが夢なんだ』と言っていました」(同前)

「お正月は働いて、地元へ帰るんだ」

 だが、マイホームのローン完済目前で起きた事故。年末に運転手の男性と言葉を交わしたという別の同僚が語る。

「昨年、奥さんの体調が悪くなり、入退院を繰り返していたそうです。子供たちも独立して離れて暮らしているので、彼はとても心配していて、良さそうな薬や食べ物を見つけては送ったりしていました。長い間、東京と地元を行ったり来たりしてましたが、昨年は奥さんのことやコロナ禍で仕事が減ったこともあって数カ月は地元に戻っていました。東京へ戻ってきたのが11月頃で、『お正月は働いて、1月10日くらいに地元へ帰るんだ』と。ただ奥さんは昨年暮れに退院したけどその後の経過がよくなくて、すぐに再入院しています。ローンや生活費に加えて病院代も稼がないといけないと、無理をしてしまったのかもしれない」

「回復の見込みはほぼないと言われています」

 事故から数日後、東京から遠く離れたタクシー運転手の自宅を訪ねた。病気の兆候はなかったのかと聞くと、息子が神妙な面持ちで「申し訳ないです。謝っても謝りきれません」と、何度も繰り返した。

「申し訳ないで済まないのは、わかっています。謝って済む問題ではないのもわかっています。亡くなられた方やケガをされた方に申し訳ないという気持ちしか私たちにはないです。父親の代わりにすみませんでしたとしか、それしか言えません。本当に申し訳ないです。謝っても謝り切れないです……。

 病気の兆候はありませんでした。事故前にくも膜下出血が起きて意識がなくなったというのが病院の先生の見解で、それ以上は私たちもわからないです。事故後に病院へ行きましたが、まだ意識も戻っておらず、本人は何も考えられる状態ではないです。病院の先生からは、回復の見込みはほぼないと言われています。年齢的にも、どんなにうまくいっても植物状態を免れるのが精一杯ではないかという見立てです。今は集中治療室に入っています。

 本人はもしかしたら具合が悪かったり症状があったのかもしれませんが、私たちは何も聞かされていませんでした。傍目にもずっと元気にしていたので……。事故の被害者の方々らに今すぐに謝りに行けるのなら、すぐにでも行きたいんですが、どうしていいかがわからない。本当にこれからどうしていけばいいのか」

 73歳という年齢は確かに若くはないが、タクシードライバーを含めてまだ多くの人が働いている年齢でもある。ローンを抱え生活のために働く必要があったとすればなおさらだ。健康診断も受けていた運転手男性に、この惨事を回避する方法はあったのか。まずは運転手の容体が回復して、事故の詳細が明らかになるのを待つしかない。

(「文春オンライン」特集班/Webオリジナル(特集班))