世界初!人工知能による「AIレストラン」に現在の技術で挑戦してみた

近年、「AI」という言葉をよく耳にする。AIとは「Artificial Intelligence」の頭文字を取ったもので、日本語で言えば「人工知能」。簡単に言えば、「人間のような知能を持ったもの」である。

「AI」の進歩は目覚ましく、将棋のプロ棋士にもAIは勝ち始めた。電王戦と名付けられたその勝負は注目を集め、AIに対する感心の強さを示した。

そんなAIテクノロジーの話題がつきないここ日本において、最近注目を集めているのが日本マイクロソフトの女子高生AI「りんな」だ。彼女とはLINEを通じて会話を行うことができる。

まだ「完璧」とは言えないけれど、なんとなく会話になっている事がわかると思う。

AIが徐々に実用化されつつあるのだ。将来的にはガソリンスタンドのスタッフも、お医者さんも学校の先生も、すべて人間に代わってAIが務めることになるのかも知れない。レストランの店員さんだってそうだ。

そこで今回、「レストランのスタッフが全員AIだったらどうなるのか」を実験するために、店舗をお借りし、りんなに協力してもらって「AIレストラン」を作ってみたのでご紹介したい。

AIレストランには男女含めた多くのAIが働いている。お酒を作るのはもちろん、普通のバーと同じように、愚痴や相談ごとにも乗って貰える。



さらに、AIと話す非日常な空間を堪能してもらうため、カウガールの衣装やロボットダンスで異世界を演出する。

やりすぎな感もあるが、大阪あたりでまもなく実際に登場するのではないか。「人工知能を搭載したロボットが接客してくれる」というコンセプトのレストランだ。

コンセプトの参考にしたのが、こちらの「ウエストワールド」という海外ドラマ。

ドラマ「ウエストワールド」は高度なロボット技術とAIによって、人間そっくりのロボットたちが来園者を迎える近未来のテーマパークが舞台となっている。

本日10月13日、スターチャンネルで独占放送されるこのドラマは、「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」のJ・J・エイブラムズと「ダークナイト」シリーズのJ・ノーランが製作総指揮をとり、大作ドラマ「ゲーム・オブ・スローンズ」で知られる米国TV局のHBO®が製作した。



この女性もロボットだ。客は人工知能と会話やデートを楽しむことができる。未来のロボットがクラッシックな西部劇の衣装を着ているというギャップも面白い。

このテーマパークの最大の売りは、「AI相手にやりたい放題できる」という、欲望を全てかなえられる場所だということだ。実際にここでは普段だと許されない行動や、セクシーなロボット相手のラブロマンスまで、自由に体験することができる。

普段、人間相手に我慢していることを、AIにぶつけられるテーマパークなのだ。



例えば今回のAIレストランにいる、ドラマに合わせてクラッシックなドレスを着た早瀬あやは、レースクイーンオブザイヤーに二度輝く美しい女性だ。童貞クラスでは緊張して普通の会話もままならないかもしれない。口説くなどもってのほかだろう。

しかし話すのはAIだ。普段言えないようなことも、自由に言えるのがこのAIレストランの売りなのだ。実際にこちらが人工知能「りんな」を介して話した客との会話だ。


彼氏いるの?


い、居ないです


マジで?


まだ


立候補しちゃおうかな!


かわいくない、嫁になれない、却下


即答!


生卵!!


不思議ちゃんだね!


いつから…そうだと錯覚していた?


いま


おかえりー

いかがだろうか。
普段は緊張して言えないことも、「AIを使った新手のプレイ」と考えれば、自由に話すことができるのだ。

しかも会話がふんわりと成立している。男が口説いているのを、女性がのらりくらりとかわしているようにも聞こえる。AIは意外と男を虜にする会話をこころえている。

こちらが実際のやりとり。

どうやって会話をするかと言うと、黒子が一生懸命パソコンを叩いて入力している。


彼が話して、


黒子が客の発言をパソコンに打ち込み、

りんなの返答を早瀬あやが読み上げる。

という流れで行われている。デジタルなのにアナログな方法だ。面倒臭い会話のシステムだが、現在の技術ではこれが精いっぱいだ。

早くドラマ「ウエストワールド」のようなテーマパークが実現してほしい。実際にこのままAIが高度に発達すれば、キャストが全員AIになってもおかしくないだろう。

全員AI搭載のロボット!実現したら楽しいだろうな。

ドラマ「ウエストワールド」がこだわってるのはAIだけではない。
ウエスタンな世界観を徹底的に作り込んでいるのだ。



このテーマパークには、西部開拓時代の蒸気機関車で入場する。誰もが憧れた映画に出て来るような西部劇の世界に、いきなり没入することで観客を驚かせ喜ばせる。

そして汽車から降りた主人公達を、魅力的なロボット達が歓迎する。

そこで今回のAIレストランでも、店外と店内のギャップを演出してみた。
お客様が入店するときの様子をご覧いただきたい。



入店したらカウガールがお出迎え。

最初に帽子と拳銃を渡す。
カウボーイに変身してもらい、日常生活をひとときだけ忘れてもらおう。



普段はパッとしなくとも、西部劇の恰好に身をまとい、バーカウンターでウイスキーをゆらすと見違えるように変身する。

AIとのやりとり開始だ。


どこに住んでるの?


北の方、ちょっとやだー、あんたついて来ないでよ???


今度、行っていい?


いいよー!


マジで!?