平成スポーツ名場面PLAYBACK〜マイ・ベストシーン 
【2004年〜2006年 競馬 ディープインパクト

歓喜、驚愕、落胆、失意、怒号、狂乱、感動……。いいことも悪いことも、さまざまな出来事があった平成のスポーツシーン。現場で取材をしたライター、ジャーナリストが、いまも強烈に印象に残っている名場面を振り返る――。

 平成の競馬の最初の主役は、オグリキャップだった。

 元号が昭和から平成に変わった1989年は、このオグリキャップを中心に、イナリワンとスーパークリークが勝ったり、負けたりを繰り返し「平成の三強」と呼ばれた。

 そして翌1990年(平成2年)には、競馬史に刻まれる、有馬記念でのオグリキャップの劇的な復活劇があった。その”感動のラストラン”は、今なお語り継がれる伝説だ。

 平成の競馬はまさに異様な盛り上がりのなか、幕を開けたのである。

 その後も、名馬は続々と誕生した。

 史上5頭目の三冠馬ナリタブライン、悲運の快速馬サイレンススズカ、凱旋門賞2着惜敗のエルコンドルパサー、史上最多記録に並ぶGI7勝馬テイエムオペラオー、NHKマイルCと日本ダービーの変則二冠を達成したキングカメハメハ、史上7頭目の三冠馬オルフェーヴル……。

 また、64年ぶりに牝馬でダービーを制したウオッカや、その好敵手ダイワスカーレット、さらに「怪物」オルフェーヴルをジャパンCで撃破したジェンティルドンナなど、競馬界の常識を次々に覆してきた名牝も数多く登場した。

 そんななか、「平成を代表する1頭は?」と問われたなら、躊躇なくディープインパクトの名前を挙げる。

 2004年(平成16年)〜2006年(平成18年)の現役生活で、国内通算13戦12勝(2着1回)。史上6頭目の三冠馬である。しかも、過去にはシンボリルドルフ一頭しかいない、無敗の三冠馬となった。

 父はアメリカ競馬史にもその名を刻む、米二冠馬のサンデーサイレンス。母ウインドインハーヘアも、欧州に活躍馬が数多くいる名門の出で、自身も英オークス2着という実績を持つ。

 ディープインパクトは、文句なしの良血馬である。その良血馬が、良血たる最高の走りを見せつけた。

 元来、競馬ファンは叩き上げの”感動物語”が好きだ。一方で、良血のまさに良血たるスーパーな走りにも夢を抱いている。その欲求を存分に満たしてくれたのが、ディープインパクトだった。

“アンチ良血”を自認する競馬ファンも、「ディープだけは違う」と称賛。彼らが持つ”潜在的な良血への期待”をも覚醒させたのである。

 記憶に残るレースを挙げればきりがないが、なかでも強く印象に残っているのは、2005年(平成17年)の日本ダービー(東京・芝2400m)。


日本ダービーを圧勝したディープインパクト

 パドックでは尻っぱねをして、入れ込むというより、もはや「暴れ回る」と言ったほうがいいぐらいの状態だった。あの興奮具合では、いかにディープインパクトといえど、「あれで普通に走れるのか」「今回は危ないかも」といった危惧を抱いたことを覚えている。

 実はこのダービーだけでなく、ディープインパクトの三冠レースでは”あわや”というシーンが常にあった。

 皐月賞ではスタート直後、いきなり躓(つまず)いて、騎手が落馬寸前にまで体勢を崩した。もし、あそこで落馬していたら、今日のような”ディープインパクト・ストーリー”は歴史に刻まれていなかったに違いない。

 ダービーではパドックで入れ込んでいただけでなく、スタートも出遅れた。そして菊花賞では、好スタートを切ったところまではよかったが、直後の3コーナーあたりから引っかかって、グイグイと前に行きたがった。あの時、京都競馬場を埋め尽くした13万人強の大観衆から、悲鳴のような歓声が起こったのをよく覚えている。

 しかし、そんなアクシデントなどどこ吹く風で、ディープインパクトは三冠レースのすべてを危なげなく制している。

 そのなかでも、日本ダービーのディープインパクトが、最もディープインパクトらしく勝った。ゆえに、同レースが心の中に強く刻まれている。

 スタートで出遅れながら、2着馬に5馬身もの差をつけての圧勝だった。

 あの最後の直線――広々としたターフの上を最後方から追い込んで、ライバルたちをゴボウ抜きしていった。

 ひとつ勝つことさえ大変と言われる三冠レース。並みの馬なら致命的ともなりかねない不利やアクシデントがありながら、まるで何事もなかったように、実に軽々と、それも見方によっては”楽しそう”に走って勝ったのである。

 そこに、悲壮感などまったくない。

 その時のディープインパクトの様子を、鞍上の武豊騎手はこう証言した。

「直線では、喜んで走っていました」

 喜んで走ってダービーを勝つ馬などいただろうか。

 ディープインパクトがどれほど優れた馬なのか。その点については、これまでいろいろと分析され、そのうえでさまざまな賛辞が送られてきた。

 だが、そこに綴られた万余の言葉よりも、武豊騎手の証言に優る言葉はない。

 繰り返すが、ディープインパクトはダービーの最後の直線を「喜んで走って」、しかも楽々と勝利したのだ。

 それまでの時代にはなかった”新しいヒーロー像”を、その時に見た気がする。

 ストイックに努力して、苦しい状況のなか、粘り強く戦って勝つ――かつてのスポ根ドラマとは、明らかに次元が違う。

 あらゆる手続きを抜きにして、あっさりと勝ってしまう。それこそ、ワンランク上のヒーロー像とは言えないか。

 ディープインパクトの最もすごいところは、易々とダービーを勝って、易々と三冠馬になったこと。少なくとも、そう見せたことにある。

 こんな馬は、過去にはいない。

 だが、それだけの名馬であるディープインパクトに、ふさわしい称号がつけられていないことは残念だ。「怪物」「天馬」「貴公子」「皇帝」というのは、すでに使用済み。武豊騎手は「英雄」がいいと言っていたと聞くが、個人的には「天才」がいいと思っていた。

 ともあれ、過去の名馬にはあった称号やニックネームが、ディープインパクトにつかなかったのは、そのような範疇には当てはまらないほど、ディープインパクトが”破格”だったという証明かもしれない。 はたして、来るべき令和の競馬では、どんな名馬が登場するのだろうか。