非番の米警官が息子を侵入者と間違え銃撃 病院へ搬送も命に別状はなし

ざっくり言うと

  • 米国で住宅で26日、勤務時間外の警官が息子を侵入者と間違え、発砲した
  • 息子は右腕を負傷し病院へ運ばれたが、命に別状はないという
  • 警察は事故だったとし、重傷や死亡に至らなかったのは幸運だと述べた

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x