太陽光義務化条例案について述べる小池都知事(C)共同通信社

写真拡大

 国際政治学者の三浦瑠麗氏(42)の夫が代表を務めている東京都千代田区のコンサルタント会社が、太陽光発電事業への出資を名目に、およそ10億円をだまし取ったとして刑事告訴され、19日には東京地検特捜部が家宅捜索していたことが報じられ、波紋を広げている。

三浦瑠麗氏の落日…詐欺容疑で夫に告訴状 特捜部の自宅・職場ガサ入れ「この時期」のナゼ

 太陽光発電を巡るトラブルといえば、一昨年に太陽光発電関連会社「テクノシステム」社長ら幹部が太陽光発電設備に関する融資金詐欺の容疑で逮捕、起訴されたのが記憶に新しい。

■小泉内閣時代から太陽光発電を推進

 しかし、同社との“親密さ”が報じられている小池百合子都知事(70)は昨年9月、2025年4月から新築の戸建て住宅に対する太陽光パネルの設置を義務化すると表明、昨年12月15日に都議会で条例改正案が可決した。知事が表明した通り、2025年4月から義務化が始まる。さらに小池知事は、今月11日まで新年度予算案の査定を終え、都が2023年度から新築住宅に太陽光パネルや蓄電池を設置する住宅メーカーに対し、設置費用を補助する事業を始めると明らかにした。

 こうしたタイミングでの三浦氏の夫の会社の家宅捜索。SNSでは再び小池知事に注目が集まっているのだ。

《あれ、あと小池さんかな?太陽光は》《三浦瑠璃の夫の会社が太陽光パネルの詐欺容疑で捜査されたらしい。太陽光パネルは問題だらけだな 小池百合子太陽光パネル撤回した方がいいぞ》《小池百合子の太陽光パネル義務化 あんなに推進するの、何か利権があるのですかね? 色々問題点多いのに。》

 というのも、小池知事は小泉内閣で環境相大臣を約3年間務め、太陽光発電を推進。先の「テクノシステム」の当時の社長からも、2013年に小池氏の衆院議員時代の資金管理団体「フォーラム・ユーリカ」に50万円、2015年に小池氏が代表を務めた「自由民主党豊島総支部」に150万円の個人献金を受けていたからだ。

 三浦瑠麗氏の夫の一件でイメージがダウンしてしまったた太陽光発電事業。今後、どんな影響を与えるか。