engadget

NTTドコモは、新料金プラン「ahamo」を契約予定のユーザーに対して、機種変更を伴う場合の注意点を告知しています。

同社によると、ドコモオンラインショップでは「ahamo」の申込みはできません。このため、ドコモオンラインショップで販売する、最新のiPhone 12シリーズなどのドコモスマートフォンに機種変更したい場合は、ahamoを契約する前に購入するよう呼びかけています。

具体的な購入方法としては、ドコモオンラインショップで端末を購入する際に、料金プランは「5Gギガライト」または「ギガライト2」を選択します。端末が到着したらそのまま利用開始の手続きをします。その後、オンライン手続きでahamoへプラン変更することで、ahamo契約で利用できます。ahamoへのプラン変更は3月26日より受け付けます。

すでにahamoを契約済みで、ドコモオンラインショップで取り扱うドコモスマートフォンへの機種変更を希望する場合は、購入手続き時に一旦ahamoから「5Gギガライト」に変更のうえ、端末が届いた際に、再度ahamoへプラン変更することで、ahamo契約で利用できます。2021年6月(予定)以降は、ahamo契約のまま機種変更できるようになります。

ahamoとギガプラン間のプラン変更は、3回目以降はプラン変更当月はahamoとギガプランの両方の料金が発生するため注意が必要です。

ドコモオンラインショップでは回線契約を選択しなくても端末を購入できますが、その場合は価格などの購入条件が通常と異なるため、ドコモは上記のやり方を推奨しています。

ahamoのまま機種変更できる機種も

なお「ahamoおすすめスマホ」として「iPhone 11」「Galaxy A20 5G」「Xperia 1 II 5G」を用意しており、こちらはドコモオンラインショップを経ずに、ahamoサイトで契約と同時に端末を購入できます。価格は下記の通りです。

iPhone 11 (64GB / 128GB / 256GB):新規4万9390円〜(税込、以下同)/機種変更6万2590円

Galaxy S20 5G:新規6万2700円 / 機種変更7万400円

Xperia 1 II 5G:新規7万1500円 / 機種変更7万9200円

ahamoは手持ちスマホのままでもOK

ahamoはiPhone 6以降の21機種(iOS)と、Galaxy / Xperia / AQUOS / arrowsシリーズなどの72機種(Android)に対応しており、多くのユーザーの場合、手持ちの端末でそのまま使えます。SIMフリースマートフォンも利用でき、動作確認のとれた機種は公式サイトにて順次掲載します。

Source:NTTドコモ

ahamo非対応のSIMも明らかに。契約前に確認したい対応端末やサービス