剣道大会に出場したASKA。当日のブログには〈これだけ見事に負けると、気持ちも、さっぱりしたものです〉と綴った

写真拡大

剣道大会に出場したASKA。当日のブログには〈これだけ見事に負けると、気持ちも、さっぱりしたものです〉と綴った

「メ〜ン!」

 独特の美声にのせた気合の一撃は、どうやら惜しくも届かなかったようだ。

 台風が過ぎ去った体育の日(10月14日)の昼下がり、東京・港区の路上に、道着姿のASKA(61)の姿があった。

「この日、ASKAさんは『コント赤信号』のリーダー・渡辺正行さんに誘われて、港区内の体育館で剣道の大会に出場していました。『情報系企業剣道大会』というもので、参加者は主に企業のサラリーマン剣士たちでした」(大会関係者)

 ‘14年に覚せい剤取締法違反で逮捕されてから5年。歌手活動も再開し、完全復活を遂げつつあるASKAだが、何だか元気がない。

「5人チームの中堅として出場したASKAさんですが、結果は全敗。チームも1勝2敗だったそうです」(同前)

 

 ASKAは10月にあと2回、大会出場を予定している。武道の神髄は己に勝つこと。ASKAには剣道家として本当の強さを見せてほしい。

 10月18日発売の『FRIDAY』最新号では、ASKAの剣道愛をより詳しく報じている。

PHOTO 等々力純生

詳細の書かれた本誌記事は コチラ