Q 将来が不安です。ものづくり産業の未来は暗いと思われますか?

 コロナ禍の中でIT企業は成長したと聞きますが、これからIT企業とその他の企業の社員との間には、収入格差がつくのでしょうか? インターネットなどの新しいことが苦手な私は将来が不安です。ものづくり産業の未来は暗いと思われますか?

(製造業勤務・男性・38歳)

A 業界がITから遠ければ遠いほど、むしろチャンスがあるんじゃないかな。

 これからは今まで以上に、リモートワークやEC通販など、オンラインビジネスへの移行が加速するだろうから、当面はIT業界のほうが景気は良いだろうね。そして、給料も基本的には需要と供給で決まるものなので、しばらくは不足しているエンジニアなどのほうが稼ぎは良くなると思う。

 ただ、いくらITが華やかに見えても、多くはリアルな商品の販売や広告で稼いでいる。世の中のほとんどはリアルビジネスだから、製造業に未来がないってことは全然ないよ(笑)。


 

 それより、これからはどんな業界であっても、ITやAIなどのデジタル技術をいかに使いこなせるかが重要になってくる。自分たちの強みを生かしたまま、新しい売り方や働き方を取り入れられるかが、収入格差になってくる。

 コロナ禍の中でも、すぐにリモートワークをできた会社とそうでない会社とでは、まったく生産性が違ったでしょ。

60歳のオヤジがゲームの中で小学生に交じって……

 だから、未来が不安だと思うなら今日からでも勉強しよう。「インターネットは苦手」のひと言で終わらせないで、少しずつでもいいから学び続けたらどうかな。実は俺がIT業を始めたのがあなたくらいの歳だから、全然遅くない。プログラムは書けないまでも、ITやAIという便利な道具で、何ができるかの知識は身につくと思うよ。

 あなたのいる業界がITから遠ければ遠いほど、むしろチャンスがあるんじゃないかな。上司に「ワシらはITが苦手だから、お前だけが頼りだ」と重宝がられて、給料がいっぱい上がっちゃうかも(笑)。

 世界はパンデミックで大きく変わって、デジタル空間での滞在時間がすごく長くなった。そしてこの流れはコロナが収まっても、しばらく続くと思う。だからとにかく、リモートワークでもSNSでもいいから、デジタル系のものはすぐに試してみよう。

 俺も最近は、「あつまれどうぶつの森」や「フォートナイト」など、オンラインゲームにチャレンジしている。正直言って今のところ全然面白くないけど、やってみないと新しいことは身近に感じられないからね。

 もうすぐ60歳のオヤジがゲームの中で小学生に交じって、コツコツと木の実を集めたり、撃たれながらも悪戦苦闘してるんだぜ。あなたも面倒くさがらないで、新しいことをいろいろやってみなよ。

 人生は何歳になっても好奇心と勉強よ。食わず嫌いはやめて何でも食べてみよう。コロナ禍での変化もテクノロジーの変化も楽しみながら、したたかに生きていこうぜ。

(亀山 敬司)