日本郵政は30日、保有する傘下のゆうちょ銀行の株価が大幅に下落したため、2020年9月中間単体決算で減損処理を行い、3兆404億円の特別損失を計上すると発表した。連結決算上では消去されるため、影響がないとしている。