米Twitterは現地時間8月5日、サービスの脆弱性が利用され、一部アカウントの個人情報が流出し、既に悪用されていたと発表。流出件数は明らかにしていない。この問題の影響を受けたユーザーには直接通知予定。同社では、2要素認証で不正ログインからアカウントを保護することを推奨している。同社では、本名を明かさずにTwitterアカウントを運用している場合、他人がアカウントを特定できる可能性があるリスクを理解しているとして