北朝鮮の内閣などの機関紙・民主朝鮮は17日、米韓合同軍事演習について「侵略的性格を絶対に覆い隠すことはできない」と非難する論評を掲載した。朝鮮中央通信が伝えた。論評は、「6・12朝米共同声明と板門店(パンムンジョム)宣言、9月平壌(ピョンヤン)共同宣言に対する露骨な背信であり、公然たる違反である」と指摘。(参考記事:韓国は「自滅の道を歩むだろう」…北朝鮮がシビアに予言)米韓の行動は「わが共和国をして国の