ローマ教皇庁、教皇の同性婚を容認する発言巡り「教会の教義ではない」

ざっくり言うと

  • ローマ教皇がドキュメンタリー映画で事実上の同性婚を容認する発言をした
  • 7日、ローマ教皇庁が内部通知を各国の司教らに送っていたことが分かった
  • 「教会の教義に言及したわけではない」として、教えの変更を否定したという

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x