787型機の胴体に明瞭な問題点見つかる 米ボーイング社は8機体の運用を停止

ざっくり言うと

  • 米ボーイング社は30日までに、787型旅客機に関する声明を発表した
  • 胴体に問題点が見つかり、設計基準に満たない状態を招いているという
  • 8機の運用が中止となり、点検や修理が実施される予定とのこと

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x