陝西省西安市の病院で18日、32歳の女性が狂犬病で死亡した。女性は6月20日に野犬にかまれた直後に狂犬病のワクチンを接種していた。そのため、ワクチンの有効性を不安視する声が高まった。資料写真。Record China

中国女性がワクチンを接種するも狂犬病で死亡 有効性に不安視の声

ざっくり言うと

  • 中国メディアは19日、32歳の女性が狂犬病で死亡したと報じた
  • 女性は6月に野犬にかまれた直後からワクチン接種の治療を受けていた
  • 中国ではワクチンの有効性を不安視する声が高まった

ランキング

x