主力引退の体操女子を取り巻く厳しい現実 優勝の得点は昨年大会8位相当

by ライブドアニュース編集部

ざっくり言うと

  • 23日、体操・全日本個人総合選手権の女子決勝で笠原有彩が優勝を飾った
  • 主力選手の引退が続き、笠原の合計得点は昨年大会と比較すると8位相当
  • パリ五輪に向け、取り巻く厳しい現実も突きつけられたと筆者はつづった

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x