JR駅員の二度寝で改札の扉開けず 9人が始発逃す 大分・亀川

ざっくり言うと

  • JR九州は7日、大分・亀川駅で改札口の扉を開けるのが遅れたと発表した
  • 遅れは約15分で、少なくとも乗客9人が始発に乗れなかったとのこと
  • 宿直に当たっていた駅員は「二度寝してしまった」と話しているという

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x