福島第一原発の被ばく線量検査で31件の替え玉 東京電力は再発防止を徹底

ざっくり言うと

  • 福島第一原発で内部被ばく線量を調べるホールボディーカウンター(WBC)
  • 同検査を別の作業員が「替え玉」で受けた事例が計31件あったと、東電が発表
  • 「重大な問題だ」として、本人確認を徹底し再発防止に努めるとしている

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x