新型フェアレディZプロトタイプ。正面から見たら「NHKのキャラクターどーもくんだ!」など、デザインについて否定的な声が多数上っているが……

写真拡大

―[道路交通ジャーナリスト清水草一]―

 9月16日、新型フェアレディZのプロトタイプ(以下、新型Z)が突如公開された。

 我々モテないカーマニア軍団(永福ランプ※清水草一、安ド二等兵※今はパジェロに乗るカーマニア、担当K※SPA!クルマ担当)の3人も、写真を見て色めき立ったのであった。

◆オレ『湾岸ミッドナイト』の小説版を書いてる!

永福 まさかこんなに早いタイミングで、新型Z(7代目)のプロトタイプが公開されるなんて驚いたね!

担当K ボクもビックリしました。どんな形であれ、令和にもZが継続するんですね!

安ド ボクは20歳のころ、サービスエリアで深夜バイトしながら、60回ローンで32Z(4代目)の6MTを買いましたから、新型の登場はうれしい限りです!

永福 オレもフェラーリを知る前、32Zに一目惚れして新車で買ってるんだよ!

安ド 殿(永福ランプ)は『湾岸ミッドナイト』の小説版も書いてますしね!

永福 うむ。20年以上前だけど、自分が悪魔のZやブラックバード(ポルシェ911)に乗ってるつもりで書いたなあ……。悪魔のZは我が脳内で血肉となっている……。

担当K それは、新型Zを語る資格ありますね!

◆新型Zが突然発表になったのは団長のおかげ?

安ド 今回のZは、MTを残してくれただけでアリだと思います! 公開された画像ですが、エンジンとかちゃんとついてて走れるクルマなんですよね?

永福 コンセプトモデルではなくプロトタイプなので、エンジンもついてるし、走るはずだよ。

安ド 現行モデルのビッグマイナーチェンジ版ではないんですか?

永福 日産は明確に「新型」と言ってるね。プラットフォームは現行モデルのものを流用しているんだろうけど、そういうモデルチェンジはよくあるし、エンジンはV6にターボがついてパワーアップしてるし。

担当K スカイライン400Rと同じエンジンですよね?

永福 たぶん基本的には。あのエンジンは、パワーもフィールもすごくいい。あれが新型Zに積まれるって思っただけでワクワクする。

担当K いつ出るんでしょう?

永福 たぶん来年には。

安ド 今回の発表って、タイミングを前倒ししたんでしょうか?

永福 どうかな。実はオレ、5月の株主総会で、内田新社長が「新型Zを出します」って言ったって聞いても、あんまり本気にしてなかったんだ。日産はもうカーマニアの期待には応えてくれないだろうというあきらめがあってさ。それがこんなに早く、しかもほぼできあがってるものを見せてくれるとは、「やったな日産!」って感じだよ!

担当K 団長が死んだからじゃないですか?

永福 えっ? 渡哲也さん?

担当K 僕にとってZといえば、『西部警察』パート2&3で登場したスーパーZですから!

永福 それは関係ないんじゃ……。

安ド ゴーン失脚は関係ありますかね?

永福 No.1自動車雑誌『ベストカー』編集部の梅木くんによれば、「あれで以前より、社内的にのびのびやれるようになった面はあるんじゃないか」とのことだった。ゴーンが健在なら、ワールドプレミアも横浜の本社じゃなく、北米だっただろう。

◆売れなくても日産と中高年カーマニアの士気が上がればそれでよし!

担当K 復古調のデザインも関係ありますかね?

永福 それはわかんないけど、とにかく新型は相当カッコイイよ! 梅木くんによれば、実物は写真よりさらに断然いいってよ。

安ド 僕もカッコイイと思います! ただ、初代Zのリバイバル感が強くて、新しさはないですね。

永福 もう新しさなんてどうでもいいんだよ! いまの時代、スポーツカーは栄光の過去に回帰するしかない! Zもちゃんと初代に回帰してくれた。それだけでイイ! マツダ・ロードスターもアルピーヌもカマロもマスタングも、そうやって成功してる。このZも初代の雰囲気が濃厚だから、これなら首都高に走りに行きたくなるよ!

担当K 僕は高校生のころ、青森で『湾岸ミッドナイト』を読んで興奮してた側ですから。青森県民には首都高ってものがよくわかんなくて、とにかく(マンガとはいえ)時速300km出せる高速道路が東京にはあるらしい!ってだけで、もう……。

安ド そういうの、中高年だけでしょうけど。

永福 どうせ中高年しか買わないし買えないんだからいいんだよ! 新しいデザインにすりゃ若者が買うわけじゃない。むしろレトロなほうが若者には新鮮だし、オッサンには懐メロだし、全世代的にイイんだよ!

安ド いくらくらいになるんでしょう?

永福 スープラの直6ターボと同じで、600万円くらいじゃない?

担当K それくらいでしょうね。売れないでしょうけど、存在するだけで士気が上がりますよ。

永福 日産も、我々カーマニアもね。

取材・文/清水草一

―[道路交通ジャーナリスト清水草一]―

【清水草一】
1962年東京生まれ。慶大法卒。編集者を経てフリーライター。『そのフェラーリください!!』をはじめとするお笑いフェラーリ文学のほか、『首都高速の謎』『高速道路の謎』などの著作で道路交通ジャーナリストとしても活動中。清水草一.com