写真提供:マイナビニュース

写真拡大

タレントの鈴木奈々が、21日に放送されたテレビ朝日系バラエティ番組『中居正広のミになる図書館』(毎週火曜23:15〜24:15)でマネージャーから不潔エピソードを暴露され、出演者がドン引きする場面があった。

「知らなきゃよかった」と言いたくなる様々なジャンルの秘密が暴かれる同番組。モニター越しにサプライズ登場したマネージャーが「うちの鈴木奈々は雑誌の読者モデル出身なのに3、4日、同じ服を着ている」と明かすと、鈴木は戸惑いながらも「あー」と思い当たる節がある様子。その証拠写真が公開されると、観覧席からは一斉に悲鳴が上がった。

毎日服を変えない理由として、鈴木は「コーディネートを毎日組むのが面倒くさい」と説明。「洗濯のお金だって浮くじゃないですか?」と同意を求めるも理解を得られず、「私は歩合制でいただいているんですけど、旦那さんのお金でやりくりするって決めたんです! できる限り節約、節約、節約で生きてるんですよね」というアピールも共演者らには届かなかった。

さらにメイク担当者の「肌ケアを一切しないので、たまに立派なレベルのヒゲが生えている」に加え、夫からの「休みの日だと2、3日風呂に入らないので本当にやめてほしい」というクレームも。これを鈴木は「休みの日はあまりお風呂に入らないようにしているんですよ」とあっさりと認めた。

「外に出なければお風呂に入らなくていい。人に会わなければ」「自分の汗のにおい大好きなんですよ」「お風呂に入らないと髪の毛も脂ぎってきて、その頭皮のにおいを嗅ぐのが生きてるって感じ」と熱弁する鈴木。しかし、スタジオから聞こえてくるのは悲鳴のみで、反応に困った司会のSMAP・中居正広が「バーカ!」とツッコミを入れるとやっと笑いが。ようやく状況がつかめたのか、鈴木は「ごめんなさい!」と必死に謝っていた。