元日本代表DF栗原勇蔵氏がメンバー26人を予想【画像:FOOTBALL ZONE】

写真拡大

【専門家の目|栗原勇蔵】GK3番手に若手は入れず、メンタル重視で39歳・川島を選出

 日本代表(FIFAランキング24位)は今年11月に開幕するカタール・ワールドカップ(W杯)のグループリーグでスペイン(同6位)、ドイツ(同11位)、コスタリカ(同34位)と対戦する。

 現地時間6月23日に国際サッカー連盟(FIFA)から大会登録メンバーを従来の23人から26人に変更することが正式発表(予備登録の上限も35人から55人に拡大)され、森保一監督が選ぶであろうメンバーを元日本代表DF栗原勇蔵氏に予想してもらった。(取材・構成=FOOTBALL ZONE編集部)

   ◇   ◇   ◇

 アジア最終予選を含めたこれまでの起用法を踏まえると、森保監督はチャレンジングな選考はしないと思います。

<GK/3人>
権田修一(清水エスパルス/33歳)
シュミット・ダニエル(シント=トロイデン/30歳)
川島永嗣(ストラスブール/39歳)

 権田は当確、シュミットも間違いないでしょう。7月のE-1選手権でおそらく大迫(敬介/サンフレッチェ広島)、谷(晃生/湘南ベルマーレ)を使うと思いますけど、よほどのことがない限り、W杯を過去3回経験しているベテランの川島だと思います。メンタル重視というか、森保監督の采配の傾向を含めて顔ぶれは決まっている気がします。

<DF/9人>
冨安健洋(アーセナル/23歳)
吉田麻也(サンプドリア→未定/33歳)
板倉 滉(ボルシアMG/25歳)
谷口彰悟(川崎フロンターレ/30歳)
酒井宏樹(浦和レッズ/32歳)
山根視来(川崎フロンターレ/28歳)
長友佑都(FC東京/35歳)
伊藤洋輝(シュツットガルト/23歳)
中山雄太(ズウォレ/25歳)

 CB4枚は吉田、冨安、板倉、谷口で変わらない。冨安に関しては、右サイドバック(SB)としても想定していると思います。怪我がちの酒井も6月26日の(J1リーグ第18節ヴィッセル)神戸戦で復帰したので、山根を上位オプションとして準備させつつ、実力は把握していて信頼もしているということで選ぶでしょう。

 6月シリーズで長友を右SBで使ったということは、新しい選手を呼ぶ気はあまりない気がします。インパクトある選手がいない左SBは、今の状況なら長友を使うか、伊藤を使うか悩んでいる状況。伊藤はセンターバック起用も計算できるので、中山よりも序列は上だと思います。

大迫や南野の序列は変わらず?

(本文2)
<MF/6人>
遠藤 航(シュツットガルト/29歳)
田中 碧(デュッセルドルフ/23歳)
守田英正(スポルティングCP/27歳)
原口元気(ウニオン・ベルリン/31歳)
鎌田大地(フランクフルト/25歳)
久保建英(マジョルカ→未定/21歳)

 遠藤、田中、守田の中盤トリオは森保監督の中で鉄板。その次に守備ができ、ユーティリティー性が高い原口も固いはず。普通に調子が良ければ、鎌田と久保が滑り込むと思います。久保に関しては、ウイングとの併用になるでしょう。

<FW/8人>
伊東純也(ヘンク/29歳)
三笘 薫(ロイヤル・ユニオン・サン=ジロワーズ→未定/25歳)
堂安 律(PSV/24歳)
南野拓実(モナコ/27歳)
大迫勇也(ヴィッセル神戸/32歳)
浅野拓磨(ボーフム/27歳)
古橋亨梧(セルティック/27歳)
上田綺世(サークル・ブルージュ/23歳)

 1トップは大迫、浅野、古橋、上田がほぼ同列。ただ、大迫がいなかった6月シリーズンで浅野を使った時点で彼は不在時の一番手で、サイドでも使えるという点で森保監督の信頼はかなり厚いと思います。右の伊東は攻撃の軸として、南野を左で使い続けるのか不安材料もありますが、大きくは変更しないはず。三笘はジョーカーとして勝負所に取っておくはずです。(FOOTBALL ZONE編集部)