『M-1』コラボCMにて「たとえば…」で優勝したジョイマン

写真拡大

M-1グランプリ2021』は錦鯉の優勝で幕を下ろした。コンビ結成9年でありながら合計年齢は93歳、紆余曲折を経た2人の初タイトルに本人たちはもとより審査員も号泣するという感動的な結末となったが、その裏で同じく注目を集めたのが決勝の合間に放送されたCMだ。この日はM-1本編とコラボレーションした限定CMも放送されたが、その中でもお笑いコンビ・ジョイマンが出演したCMでの“トンデモ展開”が話題を呼ぶこととなった。

【この記事の他の写真を見る】

ボケ担当・高木晋哉の放つ“脱力ラップ”でお馴染みのジョイマンだが、これまでの『M-1』成績は3回戦進出が最高。2003年結成のため「結成15年以内」という参加資格はすでに失われているが、19日の『M-1』放送中には他の出場者に交じって彼らの名前がツイッターのトレンドに上がる謎の事態が起きていた。

理由は、決勝の合間に放送された日清の「どん兵衛」限定CMにある。翌20日からコンビニエンスストア「セブン-イレブン」にて開催される「M-1優勝お祝いセール」の広告塔としてジョイマンが出演したが、その設定が「たとえばジョイマンが優勝したら…」という仮定に基づいたものだったのだ。

セブン-イレブンの定番揚げ物「ななチキ」のネタで爆笑をさらい、満場一致で優勝を果たしたジョイマンの2人は涙する。翌日のセブン-イレブンにはどん兵衛とのコラボエリアが出来上がり、「新M-1王者はジョイマンだ!」というポップが設置されるというものだ。よく見ると画面右上に小さく「これはCMです。現実ではありません」との注意書きがあり、最後には出場者に扮したジョイマン9組の姿とともに「ジョイマン以外の誰だ?」と尋ねているが、ジョイマンの突然の登場と妙にリアリティのある映像に驚いた視聴者は少なくなかったもよう。ツイッターでは「優勝おめでとう」「今年はジョイマンが優勝したのか」「見てないけどジョイマン優勝であってる?」と現実とCMの区別がつかない人が続出。優勝が錦鯉に決まった後も「今年の優勝は錦鯉とジョイマンです」「ジョイマンと錦鯉、どっちが現実なんや」とその混乱はしばらく続いていた。

これを受け、放送前に「M-1で優勝する夢を見ました 靴下」とツイートし優勝を匂わせていた高木は「やりました 大きな栗の木の下」とCMの画像とともに投稿。フォロワーからも「おめでとう 殺到」「おめでとう 金平糖」などと韻を踏んだお祝いコメントが続々と届いた。

たった30秒のCMで強烈なインパクトを残したジョイマン。2人のキャラクターもさることながら、思わず見入ってしまうその内容に「ジョイマンチョイス良かったわ」「最高ですね」とCM制作陣への称賛の声も多数寄せられていた。

画像2枚目は『ジョイマンの高木晋哉 2021年12月19日付Twitter「やりました 大きな栗の木の下」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 根岸奈央)