恋人同士でありながらセクシー動画を世界に向けて発信している“えむゆみカップル”。5月17日放送のABEMA「給与明細」では、そんな2人が懐事情を暴露。高収入の内訳を明かした。

【動画】月収は400万円以上?過激動画で稼ぐカップル

 世界的に知られるアダルト動画サイト「Pornhub(ポルノハブ)」で動画を投稿する、通称“Pornhuber”として活動している“えむゆみカップル”。りょーちん(22)とあゆみ(20)からなる2人は交際9カ月のリアルカップルで、昨年12月より動画投稿をスタート。恋人同士ならではの過激なセクシー動画が好評を博し、Pornhubに2人が投稿した動画の総再生回数はすでに1500万回以上、チャンネル登録者数は2万人近くにも及んでいる。

 Pornhubの収入について尋ねたところ、「Pornhubだけだったら、(月に)30万円。大卒よりはもらってる。1再生あたり0.5円の単価なんですよ」と内訳を暴露。続けて「あと他にも“えむゆみ”のファンクラブがあって」と、月額制のファンクラブも運営していることを告白。ファンクラブのサイトではPornhubでは見ることができない過激な行為の一部始終を公開しており、月額1980円で入会者数はすでに2000人を突破。「そっちの方がお金としては良い。先月が300万円」と明かした2人は、合計で月収400万円以上に達していることを明かした。

 一方、高収入を得るためにセクシー動画の投稿を行っているわけではないと2人は語る。「お金は月に15万円あれば普通に生活できると思うので、それ以上お金に執着がない。高級スポーツカーを乗り回したいとか、海外旅行に行きまくりたいというのはなくて」と本音をこぼし、動画制作を続ける理由については「より多くの人に刺激を与えて、見てもらいたい」と打ち明けた。
(ABEMA/給与明細より)