京アニ放火の容疑者 自身の皮膚細胞を培養してつくった表皮で救命される

ざっくり言うと

  • 鳥取大病院の教授が3日、全身の皮膚9割に熱傷を負った患者について発表
  • 患者自身の皮膚細胞を培養してつくった表皮などで、救命に成功したという
  • 関係者によると、この患者は京アニ放火殺人事件で逮捕された容疑者とのこと

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x