研修医が誤診、16歳男子高校生が死亡 十二指腸閉塞を急性胃腸炎として帰す

ざっくり言うと

  • 名古屋・八事日赤病院で医療ミスがあり、16歳の男子高校生が死亡した
  • 対応した研修医が十二指腸閉塞を急性胃腸炎と誤診し、帰宅させたそう
  • 事故調査委の報告書が公表され、病院は遺族と和解に向けて話し合うという
提供社の都合により、削除されました。概要のみ掲載しております。