ノートルダム大聖堂の再建工事が一時中断 鉛が周囲を汚染したため

ざっくり言うと

  • 4月に火災が起きた、パリのノートルダム大聖堂の再建工事が一時中断された
  • 火事によって屋根などに使われていた鉛が飛散して周囲を汚染したため
  • 13日には汚染を除去する作業が始まるため、大聖堂の周囲の道路が封鎖された

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング