虚構新聞

写真拡大

12月26日、小沢一郎衆議院議員が代表をつとめる生活の党に山本太郎参議院議員が加わり、党の正式名称を「生活の党と山本太郎となかまたち」に変更した。総務省のサイト(http://www.soumu.go.jp/)でも発表され、ネット上は騒然となった。

山本太郎議員は同日ブログを更新。「野良犬を保護」というエントリーにて

今日、永田町で山本太郎、と言う野良犬が保護されました。
いつ殺処分にされるか判らない状態の野良犬を保護したのは、小沢一郎さん(72歳)
来年早くにも、新党結成と言う新しいお家を作り、党議拘束など、
制限が掛けられる事無く、大家族を目指してゆく、
との事です。
この件に関しての記者会見は、次期通常国会開会前に行います。
詳細はその時までお待ち下さい。(略)

http://ameblo.jp/yamamototaro1124/entry-11969400655.html[リンク]

と語った。

12月14日に行われた衆議院選挙で議席を減らし「国会議員5人以上」という政党要件を失った生活の党だが、今回山本太郎議員が参加することでその条件を満たし来年の政党交付金を受け取ることが可能となった。当然のように「政党交付金目当ての野合」との批判も。

経済評論家の池田信夫さん(@ikedanob)は『Twitter』にて

小沢一郎氏も、ついに山本太郎の仲間になったのか。ここまで落ちると、それはそれで歴史に残るだろう。 / 山本太郎氏、生活の党に入党党名は「生活の党と山本太郎となかまたち」


とツイート。

また、ホントっぽいけど実際は虚構というネタニュースを伝えるサイト『虚構新聞』の社主(@Kyoko_UK)は、このニュースを伝えた47NEWS速報をRTし

おいやめろ


とツイートした。実際ネット上でもニュースに対し「虚構新聞かよ」というツッコミが多く見られており、現実が虚構新聞のネタを凌駕したような形になった感がある。今後も、生活の党と山本太郎議員には注目が集まりそうだ。

※画像は『Twitter』より引用