東京都の宅配弁当で155人が食中毒 腹痛や発熱などの症状を訴え

ざっくり言うと

  • 都内の宅配弁当店「玉子屋」の弁当で155人が食中毒になったことが分かった
  • 8月28日に作られた弁当を食べた155人が腹痛や下痢、発熱などを訴えたそう
  • 弁当が作られた工場は、9月7日から3日間の営業停止となっている

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x