(写真左から)錦野旦、出川哲朗、所ジョージ

写真拡大

「『ドッキリGP』や『モニタリング』のようなドッキリ専門の番組だけでなく、『水曜日のダウンタウン』のワンコーナーにもなったり。今、ドッキリはテレビ制作サイドの定番になっていますね」

【写真】髪色がすごい!? 現在のロンドンブーツ1号2号

 そう話すのは、コラムニストでテレビ解説者の木村隆志さん。

「各局は消費行動が活発な若い層にテレビを見てもらうための番組作りを掲げています。なぜなら彼らをキャッチしないと、番組のスポンサーがお金を出してくれないからです」(木村さん、以下同)

 ドッキリはその層を取り込むのにうってつけのコンテンツだという。

「ユーチューブの人気動画には昔、テレビがやっていたドッキリ企画をまねして作ったようなものが多い。万国共通でシンプルに笑えるものって、ドッキリ企画がいちばん手軽なんですよ」

「今ならパワハラ、セクハラでアウト」

 テレビや映画に詳しい昭和生まれのライター・成田全さんも、

「仕掛けられている人だけが知らない。制作サイドと視聴者が共犯関係にあるドッキリって、理屈なしで面白い」

 視聴者の厳しい声とコンプライアンスが重視される今は、ドッキリ番組が作りにくい環境になっているが、

「BPO(放送倫理・番組向上機構)設立以前は、本当に何でもアリだった」(前出・木村さん)

 そこで、今では絶対に放送できないドッキリ番組のヤバすぎる仕掛けを振り返ってみよう。

 コンプライアンス上、今では絶対に放送できないのが’90年代に人気を博した『ビートたけしのお笑いウルトラクイズ』のワンコーナー“人間性クイズ”。

「ポール牧さんやチャンバラトリオの結城哲也さんらベテラン芸人が仕掛け人で、出川哲朗さんや上島竜兵さんら後輩芸人にSMプレーなどを強要するというもので。今ならパワハラ、セクハラでアウトです」(前出・成田さん)

 “お色気系”ドッキリだと、大川栄策がテッパンだった。

「女性の胸ポロリを見てニヤニヤする大川さんの顔を何度見たことか(笑)。ほかにも美女がいきなり男性タレントに“子どもができたんですけど”と言うドッキリもありましたね」(成田さん)

 '00年代には『ロンドンハーツ』(テレビ朝日系)で、一般人のカップルが登場する“ハニートラップ”ものも。

「彼女の目の前で彼氏の浮気を暴くドッキリなんですが、今ならネットに情報が一生残ってしまう。ネットがそこまで普及していない、ギリギリの時代だったと言えるでしょうね」(木村さん)

徹底的にこだわるドッキリへの熱量

 成田さんがビジュアルのインパクトが圧倒的だった仕掛けとして挙げたのが’70年代から放送の『元祖どっきりカメラ』(日本テレビ系)。ハメられたのは、所ジョージだ。

「所さんが路上に駐車してその場を立ち去るけど、戻ってくると、彼の車がつぶれてキューブ状になっているんです(笑)」

 完全に圧縮されて、四角い鉄の塊と化した愛車をボウ然と見つめる所。

「驚きすぎて“え、え……”ぐらいのリアクションしかしてない。すると、急に所さんの車が背後から走ってきて、別の車にドンとぶつかる。そのぶつけられた車から怖い人たちが出てきて“何しとんじゃい!”と。

 “お前の車だろ!”と問われた所さんは“僕のだけど違います”ってよくわからない返しをしていました(笑)」(成田さん、以下同)

 成田さんは、制作サイドの徹底したこだわりを感じたという。

「つぶれた車は所さんの愛車と同じ車種なのはもちろん、彼が特注していたハンドルもつけられていました。だから彼も“ホントにオレのだ!”と思い込んでしまい、ダマされたんだと思います。お金のかけ方もですが、細部まで手を抜かない制作サイドの熱量はスゴイですよね」

ドッキリのためだけに作られた露天風呂も

 '91年〜'01年放送の『とんねるずの生でダラダラいかせて!!』(日本テレビ系)はとにかく規模が大きかった。

「スター・錦野旦がハメられた“スターボウリング”は最高でした」

 保阪尚希や勝俣州和などとともに、錦野が地方のロケに参加していると、

「細かいドッキリも仕掛けつつ、最終的にはケーキをひっくり返して錦野さんをクリームまみれにして、露天風呂に連れていくんです」(成田さん、以下同)

 この露天風呂は今回のドッキリのためだけに作られた。

「それで木梨憲武さんの“この辺、熊出るらしいですよ”という言葉を合図に、露天風呂の底が抜ける(笑)」

 全裸で滑り落ちる錦野を待ち受けるのは、巨大なボウリングのピン。

「ボウルになった錦野さんが見事にピンを倒すんです。すると、このためだけに地方の現場に呼ばれていた『ザ・スターボウリング』アナウンサーの志生野温夫さんが“ナイスカーン”と叫ぶ(笑)。豪華すぎますよね」

 この所業に錦野も怒ってしまうが、

「当時の錦野さんの新曲が流れると、腰に浴衣を巻いて笑顔で歌いだす。壮大なドッキリのオチがコレという(笑)」

『スターどっきり(秘)報告』(フジテレビ系)で和田アキ子をハメたウソ“コンサート”もお金の掛け方がハンパなかった。

「メルパルク東京ホールにお客さん1500人、さらにバックバンドとスタッフを合わせると約2000人の仕掛け人を用意していました。さらにコンサートのポスターまで作る手の込みよう。今の番組の制作費の予算ではできないレベルですよね」

 “和田さんのような大物にも仕掛けられなくなった”とは、前出の木村さん。

「『スターどっきり(秘)報告』なら、まず寝起きドッキリで若いアイドル、オオトリの大仕掛けで大物芸能人をハメるという流れがありました。今のドッキリ番組を見ていると、ハメられるのはドッキリ要員の若手芸人ばかりで少し物足りないですよね」

 コンプラを順守しつつ、ユーチューブに負けない“攻めてる”ドッキリ番組を視聴者は待っているのかも!?