本当のところは…?(松岡茉優)/(C)日刊ゲンダイ

写真拡大

【ギョーカイ“マル秘”雑記帳】

藤原紀香と“共演NG” 天海祐希以外にも挙がった女優の名前

 映画「勝手にふるえてろ」や「万引き家族」に出演し、日本アカデミー賞、ブルーリボン賞、エランドール賞などで主演女優賞や助演女優賞などを総ナメにした松岡茉優(24)。若手演技派として不動の地位を築いているが、「共演NGリスト」が存在するという。

 きっかけは松岡が同世代の土屋太鳳(24)や広瀬アリス(24)について、テレビ番組で、同じオーディションを受けて負けたことなどを暴露したこと。これがリップサービスではなかったというのだ。

 松岡といえば、9月に行われた映画「ひとよ」のジャパンプレミア試写会の会見でも、共演する佐藤健(30)や鈴木亮平(36)をハイテンションで質問攻めにし、「司会者の仕事を取るんじゃない!」などと突っ込まれていた。松岡のデビュー当時を知る雑誌関係者はこう語る。

「当時から年上の人にもタメ口で、気さくな印象でした。ガラッパチというか、言いたいことをズケズケいう感じでオバちゃんくさい(笑い)。それが年上に受けることもありますが、わざとガサツに振る舞いながら、心の底でこちらの出方をジッと観察してるような感じでしたね」

 その後、連ドラ「あまちゃん」出演などを経て、実力派女優に成長していった松岡。芸能ジャーナリストの城下尊之氏はこう語る。

「本当に仲が悪くて本人が“共演NG”と言い出すというのは実はまれです。むしろマネジャーとかプロデューサーとか周りが忖度するんです。また、ドラマでもバラエティーでも、当然“キャラ被り”を嫌うので、似たような世代やタイプの女優は登場させません。さらに女優の場合、格が上がってくるとギャラも上がっていくので、安い方を使おうということになったりします。そういう話が広がって、“共演NG”が既成事実となっていくことも多いですね」

 女優はプライドで生きているからこその“共演NG”か。