<中日・松坂退団>囲み取材で声を詰まらせる松坂(撮影・椎名 航)

写真拡大

 中日の松坂大輔投手(39)が4日、今季限りで退団することを明かした。

 この日、ナゴヤ球場にスーツ姿で現れ、加藤宏幸球団代表と会談。「昨日(3日)の昼過ぎに代表に連絡して、退団を考えていますと伝えさせていただいた。今日、改めてあいさつに伺って話をしました」と説明した。

 退団理由については言葉を詰まらせながら「この1カ月弱、悩みましたけど、これからのドラゴンズのこと、自分のことを考えたりする中で、先日、森さん、デニーさんの退団発表があり、ホークスをクビになったときに2人に声をかけてもらい、ドラゴンズに拾ってもらった。その2人の退団を聞いて、僕もいちゃいけないなと思って、退団する気持ちを代表に伝えさせていただいた」と森繁和シニアディレクター、友利結国際渉外担当の2人の退団に伴い、自身も中日から離れる決断を下した。

 ドラゴンズでの2年間を「短い期間でしたが、球団には感謝の思いしかありませんし、大した力も無い僕を一生懸命応援してくれたファンにも感謝の思いですし、チームメートとももっと一緒に野球をやっていたかった」と感謝の言葉を述べた。

 そして最後に「来年以降、どうなるか分かりませんが、またグラウンドで会えるように。ありがとうございました」と一礼し、球場を後にした。