2025年の実用化を目指す新交通システム「Zippar」都市部の渋滞解消へ

ざっくり言うと

  • 「Zippar(ジッパー)」と名付けられた自走型ロープウエー
  • 都市部での交通渋滞解消に向けて、2025年の実用化を目指している
  • 建設コストはモノレールの5分の1ほどで、1時間で最大3000人の輸送が可能だ

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x