「アインシュタイン展」名古屋市科学館で開催、“相対性理論”を体感するゲームなど4つの理論を紐解く展示

写真拡大

アルバート・アインシュタインのノーベル物理学賞受賞100周年を記念した特別展「アインシュタイン展」が、名古屋市科学館で2021年3月20日(土・祝)から2021年6月6日(日)まで開催される。

アインシュタインのノーベル賞受賞100周年を記念した特別展

ノーベル賞受賞100年記念「アインシュタイン展」は、ドイツ生まれの理論物理学者であるアインシュタインが解明した4つの代表的な科学理論「ブラウン運動」「光電効果」「特殊相対性理論」「一般相対性理論」について、楽しく体感しながら学ぶ空間。子供から大人までが楽しめる内容となっている。

4つの理論を楽しく体感!ゲームや絵本パネル展示

4つの理論を楽しく体感しながら学べるのが、本展一番の魅力。会場では、光の性質や重力、時間と空間の不思議などについて、国内外の貴重な資料やゲーム、漫画、絵本パネルを通して分かりやすく紹介する。

なかでも現代物理学の画期的な発展へと導いた“相対性理論”の内容は必見。「特殊相対性理論」コーナーに用意されたゲームは、1年後に爆発する爆弾を乗せた自転車を漕いで、光の速さでも2年かかる惑星まで爆弾の解除に向かうといった内容だ。爆弾は解除できるのか?時間と空間が伸び縮みする、光速の不思議な世界を体験することができる。

また、「一般相対性理論」のコーナーでは、自分の動きに合わせて空間に歪みが生まれ、その歪みによって光の動きにも影響がもたらされることを、デジタル宇宙空間の散歩で体験することができる。

アインシュタインの幼少期や来日時のエピソードを公開

イスラエルのヘブライ大学や慶應義塾図書館などが所蔵する写真や直筆原稿などからは、幼少期や来日時のエピソードを知ることができる。アインシュタインが好んで遊んでいたおもちゃの展示、好奇心を刺激する科学玩具の体験コーナーも設けられている。

平和を希求し続けたアインシュタインの素顔

予想できなかった100年後と平和活動現代の最新研究を支える科学技術や研究施設なども紹介。平和を希求し続けたアインシュタインと日本人研究者の交流にも触れる。

【詳細】
ノーベル賞受賞100年記念「アインシュタイン展」
会期:2021年3月20日(土・祝)〜2021年6月6日(日)
開館時間:9:30〜17:00(入場は16:30まで)
会場:名古屋市科学館 理工館 地下2階イベントホール
住所:名古屋市中区栄2丁目17番1号
休館日:毎週月曜日(5月3日は開館、4月16日(金)、5月6日(木)、5月21日(金))
入場料:一般 1,500円(1,300円)、 高大生 800円(600円)、小中生 500円(300円)
※1月23日(土)より前売開始(前売りは3月19日まで)
※( )内は前売り料金。 ※未就学児童は入場無料【問い合わせ先】
名古屋市科学館
TEL:052-201-4486
【写真付きで読む】「アインシュタイン展」名古屋市科学館で開催、“相対性理論”を体感するゲームなど4つの理論を紐解く展示

外部サイト