山梨県のキャンプ場で小学一年の女児が行方不明となって25日で5日目となっているが、行方不明となったキャンプ場と間違えて別のキャンプ場に問い合わせが殺到していることが25日、分かった。間違えられている「道志の森キャンプ場」がツイッターで明かした。

 小学校一年女児が行方不明となっているのは山梨県道志村の「椿荘オートキャンプ場」だが、ニュースなどでは「山梨県道志村のキャンプ場」と紹介されることも多い。

 そのことから、別のキャンプ場である「道志の森キャンプ場」に問い合わせが殺到しているようで、同キャンプ場のツイッターは「現在発生している女児行方不明の件で、当キャンプ場の電話に多数、問い合わせがきていますが、違うキャンプ場です」と改めて説明。中には「キレながら電話してくる方もいて困っています」と言い、困惑していることもつぶやいた。

 もちろん女児の発見を願っており、続く投稿では「必死の捜索が続いています。無事に見つかる事を祈っています」ともつぶやいていた。