(台北 17日 中央社)台北の立法院(国会)前で16日午後、香港から中国本土への容疑者の引き渡しを可能にする「逃亡犯条例」改正案に反対する集会があった。主催者発表で1万人近くが参加し、改正案に反対する香港市民にエールを送った。集会では複数の香港の民主化運動家が現場でのスピーチやビデオメッセージで台湾に支持を呼び掛けた。香港の民主派政党「香港衆志(デモシスト)」初代主席の羅冠聡氏はビデオメッセージを通じ