iPhone選びは8種類から! iPhone 12? それとも11? SE? 選択するポイントとは

写真拡大 (全3枚)

2020年の最新iPhone「iPhone 12シリーズ」が10月に発表、そして順次発売になった。

今回はスタンダードモデルの「12」にコンパクトモデル「12 mini」が追加になり、カメラ機能が強化された「12 Pro」シリーズは大画面モデルの「12 Pro Max」のみ、センサーシフト方式の手ぶれ補正に対応するなど、12シリーズ内でもモデルごとに明確な特徴が設けられ、かなり悩ましいラインナップになっている。

そしてiPhone 12シリーズは欲しいと思っても、まだまだ品薄。
予約してから数日〜数週間待たないと希望のモデルが購入できないため、今春に発売になったiPhone SE(第2世代)や昨年モデルのiPhone 11シリーズへの買い替えを検討している人も多いだろう。

そこで今回は、どんな人ならiPhone 12シリーズを選ぶべきなのか?
逆にiPhone SEや11シリーズでもいいのか?
これを紹介していく。


○「5G」が気になるならiPhone 12を選ぼう


iPhone 12シリーズがiPhone 11シリーズ以前と比較して、大きく進化したと言えるのが「5G」への対応だ。

5Gは、日本国内でも今春からサービスが開始された従来よりも高速かつ、遅延の少ない通信が可能な次世代通信規格である。しかしまだエリアは狭く、現時点で5Gの恩恵を受けられる場所は限られているためメリットは少なく思える。

とはいえ今は利用できるエリアが満足にない5Gも、2〜3年以内にはエリアも大きく広がっているはずだ。
特に東名阪など主要都市部であれば職場や自宅の周辺がエリアになるのも早いかもしれない。

iPhoneを買って1年で買い替える一部のコアなファンを除けば、iPhone 12シリーズを購入した人は、通常2〜3年は使い続けるだろう。
そのため、今時点で5Gの利用エリアになっていなくても、iPhone 12シリーズを使っている間に5Gが利用できるようになればiPhone 11シリーズ以前を選ぶより快適な通信が利用できることになる。

また、携帯電話各社が用意する5G向けの料金プランは月間データ容量の制限が無制限になっているなど「ギガ」を気にせず利用できるというメリットもある。

iPhone 12 Pro Maxに限定すればカメラ機能が大幅に向上されているため5G以外にも魅力が備わっている。それでも基本性能だけをiPhone 11シリーズと比較した場合、価格に見合うだけの性能差はない。
最新が欲しいという理由以外では、先にも書いたように使っている間に5Gの恩恵が受けられるかもしれないことに期待できる人は迷わずにiPhone 12シリーズの中から選ぶべきだ。


○価格重視で選びたいiPhone 11シリーズとiPhone SE(第2世代)


iPhone 12シリーズを選ぶ理由が「5Gへの期待」ならば、iPhone 11シリーズやiPhone SE(第2世代)を選ぶ理由は
 ・5Gが不要
 ・価格重視
この二点にとなるだろう。

iPhone 11シリーズとiPhone SE(第2世代)に搭載されたチップセットの「A13 Bionic」は登場から1年経った今も十分過ぎるほどの高性能チップだ。
iPhone 12シリーズと比較してごく一部のゲームでは動きに緩慢さこそ感じるかもしれないが、それを除けば普段使いで大きく最新モデルに劣る点がない。

また、カメラについてもiPhone 12シリーズはレンズが明るく暗所での撮影に優れているといえるが、その差も僅かだ。
iPhone 11シリーズから対応したナイトモードのおかげもあって、暗所や夜景の撮影でiPhone 12シリーズに大きく劣るというわけではない。
このためiPhone 11シリーズとiPhone SE(第2世代)は、旧機種という扱いになったことで値頃感が出た今こそ、買い時のモデルになったとも言える。


iPhone 12シリーズだけでも4機種。さらにiPhone 11シリーズで3機種、iPhone SE(第2世代)まで加えると、現在店頭に並び選択できるiPhoneは全部で8機種とかなり多い。
その中からベストな1台の選び方は
 ・価格
 ・5Gへの対応、期待
この条件で絞り込んだ後に、
・持ちやすさいベストなiPhoneを選ぶことが可能だ。

これからiPhoneの買い替えを検討している人は是非、この選び方で自分に合った1台を探し出してほしい。
執筆 迎 悟