巨大“ジョッキパフェ”はコスパ最高!「びっくりドンキー」のスイーツが超充実

写真拡大

ハンバーグレストラン「びっくりドンキー」にて、9月24日(木)までの期間限定で、ピーチデザート3種「ジョッキパフェ」、「サマースノーピーチパフェ」「なめらか杏仁のリトル☆ピーチ」などのデザートが販売されています。

「びっくりドンキー」のスイーツが超充実! パフェ、ソフトクリーム等【画像】

びっくりドンキーのデザートメニューは、自慢のソフトクリームをベースにアレンジしたものが中心。グランドメニューでは6種類、その他に季節限定メニューを年4回(計12種)販売しています。

中でも「牧場のミニソフト」は、器ごとに盛り付け、ソフトクリームの量も変えて、改良を重ねた回数は100回以上。「牧場のミニソフト」は、今では定番人気メニューとなっています。

【期間限定メニュー】

ジョッキパフェ ¥1,098+税

サマースノーピーチパフェ ¥498+税

なめらか杏仁のリトル☆ピーチ ¥398+税

【レギュラーメニュー】

牧場のミニソフト ¥180+税

アフォガート ¥398+税

和風小町 ¥398+税

ガトーショコラパフェ ¥498+税

ストロベリーソフト ¥398+税

珈琲ソフト ¥398+税

※地域、店舗によって価格が異なります。

素材が良いから味も抜群!ソフトミックスができるまで

ソフトクリームの原材料となるソフトミックスは、北海道伊達市の牧場で作られている生乳を使用し、全国の店舗へ直送。伊達市は北海道の中では比較的温暖な地域であり、安定した気候を活かし、野菜や穀類の生産、酪農などが盛んな地域です。伊達市の豊かな土壌で、放牧を基本として牛を育てています。

搾乳された生乳は、びっくりドンキーの定める基準をクリアしたもので、低温殺菌を施し出荷します。加熱による乳成分への影響が少なく、より生乳に近い濃厚な風味が味わえます。

また、おいしいソフトクリームを作るためには、乳牛を健康的に育てることも重要です。びっくりドンキーでは、牛たちの健康を考え、「土作り」にも注目しています。北海道恵庭市の自社農場において研究を続け、周辺の牧場と情報共有する試みを行っております。

ソフトミックスに使われる生乳は、工場受け入れ前後に3重の品質、衛生チェックを経て、「工場受け入れから48時間以内」に加工を開始します。加工後は冷蔵状態のまま独自ルートによって厳密な温度管理のもと、全国のお店へ届けられます。店に到着後は、新鮮なうちに使い切ることで、常にフレッシュなソフトクリームをお客様に提供できるシステムを採用しています。

ソフトミックスの他にも、ハンバーグやドリンクの原料として使われている牛乳や乳製品は、北海道・島根・沖縄の契約生産者から良質なものを調達しています。ここでも、びっくりドンキーの基準をクリアした原乳のみを使用し、品質維持を厳重に行っています。

※地域、店舗によって価格が異なります。