オルビス公式サイトより

写真拡大

オルビスの従業員が個人のSNSアカウントにおいて、同社に所属することを明記せずに商品紹介を行っていたことについて、オルビスが1月21日の今日、公式Twitterアカウント上で謝罪文を掲出した。

【画像をもっと見る】

 問題となっているのは、ツイッターのフォロワー約3.8万人の「𝒴」というアカウント。美容系インフルエンサーとして主に化粧品やアクセサリーなどを投稿する中で、「オルビス(ORBIS)」や「ポーラ(POLA)」などの商品を紹介していた。𝒴が投稿画像で着用していた服や、プロフィール写真が同社に所属するPR担当者と一致していたことから、同一人物である疑惑が浮上。SNS上で「ステマではないのか?」といった批判が相次いでいた。

 問題を受けてオルビスは社内確認を実施。従業員による投稿だったことを認め、原因ついて「入社時の教育が不十分で社内ルールを徹底できていなかった」と説明した。従業員であることを明かさずに、グループ会社を含む商品を紹介する投稿を行ってはならないといった社内ルールはあったという。今後はSNS投稿における社内ルールの徹底や研修を行い、再発防止に努めるとしている。