東急田園都市線の渋谷駅にあるポケモンセンターの求人広告が、にわかに注目を集めている。目撃したユーザーからはツイッターに、

「みんなコメントが個性豊かで好き」
「ポケモンと言葉の組み合わせが絶妙」

といった絶賛の声が寄せられている。

そこで、実際に広告を見に行ってみると――。


広告の一部

それぞれの個性を反映したセンスがありすぎる言葉の数々。コミカルなものから情熱的なものまで、24体のポケモンたちに乗せて掲出されている。

ライチュウ「若いやつには負けてられない」

この広告があるのは田園都市線・渋谷駅の地下1階。道玄坂改札から出口に向かう途中にある。あまり大きいスペースではないだろうと思っていたが、かなり大きく場所がとられていた。


ポケモンセンターの求人広告

これは「ポケモンセンター」や「ポケモンストア」を運営するポケモンセンター(東京・六本木)が2019年7月29日から行っている採用企画「そんなキミにきめた!プロジェクト」の一環。就職活動市場でよく聞かれる声とポケモンの組み合わせだというが、そのセンスがずば抜けている。

ずらりと並んだポケモンたちは25体。それぞれのポケモンの特徴に合った言葉ともに並べてある。


バリヤード


ヤドン


コイキング


キャタピー

このようにちょっと笑ってしまうものから、以下のようなやる気満々の子たちもいる。


リザードン


フーディン


ライチュウ

若手の台頭に負けじと奮起するライチュウ――なんだかシュールだ。ほかに特筆すべきだと感じたのは、できれば控えて欲しいと思わせるこちらだ。


マルマイン


ストライク

ストライクの風貌のせいか、コストにカットにひた走りすぎて余計じゃないところもカットされそうな気がする。お願いだから人件費だけはカットしないで。


ピカチュウ

ただの求人広告なのに時間を潰せるほどユニークでユーモア溢れる格言の数々。なぜたが人間の筆者も考えさせられる部分が結構あった。

広告のため、見たい方は早めに行った方が良いだろう。

ちなみに筆者が最も気に入ったのはこちらだ。


カビゴン