写真提供:マイナビニュース

写真拡大

オーディオテクニカは9月1日より、ヘッドホンやマイクなど28製品の価格を改定し、平均で15%程度値上げすると発表した。原材料費の高騰や急激な為替変動などにより、生産コストが上昇したため。

価格を改定する28製品のうち14製品は希望小売価格を明示せず、いずれもオープンプライスとする。価格改定の対象となる製品は以下の通り。

○出荷価格ならびに希望小売価格改定製品

○出荷価格改定製品(改定前、改定後ともオープンプライス)