コンゴでエボラ出血熱の被害が「史上最悪」に 内戦で感染対策遅れる

ざっくり言うと

  • コンゴでエボラ出血熱の流行が拡大し、「史上最悪」の被害となっているそう
  • 保健省は16日、感染の疑いのある人を含め、7月以降に313人が死亡したと発表
  • 政府軍と反政府勢力による武力衝突により、感染防止策が遅れているとのこと

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング