D・ラドクリフとE・ウッド、お互い間違えられて困惑

写真拡大

ダニエル・ラドクリフイライジャ・ウッドは、お互い間違えられて困惑しているそうだ。

ハリー・ポッター」シリーズと「ロード・オブ・ザ・リング」シリーズにそれぞれ主演したダニエルとイライジャだが、ファンにしょっちゅう間違えられるそうで、ダニエル自身は二人が似ているとは思わないため、なぜ間違われてしまうのか理解できないという。

イライジャはエンパイア誌のダニエルとの共同インタビューで、ファンと出会った時のことをこう回想している。

「エレベーターで、僕ともう一人しかいなかったんだけど、じっとこっちを見ているのを感じたんだ。ドアが開く寸前に勇気を振り絞って僕を指さして、『ハリー・ポッター!』と言ってきたよ。僕は『違う!』と言って歩き去った」

一方でダニエルは、「僕らは二人とも背が低く、青白い顔色で、青い瞳で茶色の髪だけど、全く一緒とは思わないよ。でも僕らについての発想は全く一緒だけどね。僕が『ロード・オブ・ザ・リング』と言われた時は、『違うっ!』とだけ言うよ」と語る。

また、ダニエルはレッドカーペット上でイライジャと間違えられたこともあるそうで、その時は「僕はイライジャ・ウッドじゃない」とサインしたそうだ。

「日本でのレッドカーペットイベントの時に、君(イライジャ)の写真を突き付けられたことがあった。本能的に最初は『僕はイライジャじゃないからサインできない』と思った。でも言葉の壁がありすぎるって思った」
「だから、それに対処する最短の方法は『僕はイライジャ・ウッドじゃない。ダニエル・ラドクリフ』と書いて、誰かが彼に後で訳してくれるのを願うことだったんだ」

一方でイライジャは以前、ダニエルと間違えられることは「笑える」と明かしたことがあった。「しょっちゅうだよ。この間出くわした人に、『スイス・アーミー・マンのあなたが大好きだった』と言われたよ。笑えるね」