アーセナルDFメイトランド=ナイルズ【写真:Getty Images】

写真拡大

メイトランド=ナイルズがバルセロナ戦で記録した痛恨のオウンゴールが話題に

 アーセナルは現地時間4日、ジョアン・ガンペール杯でバルセロナと対戦し、1-2で敗れた。

 幸先良く先制点を奪取するも、後半24分にDFエインズリー・メイトランド=ナイルズが痛恨のオウンゴールで同点弾を与えてしまい、最終的には逆転負けを喫することになった。21歳DFの犯した痛恨のミスに、反響が広がっている。

 試合は前半36分、ガボン代表FWピエール=エメリク・オーバメヤンが華麗なターンから右足の強烈なミドルシュートをゴール右に叩き込み、先制点を奪うことに成功したが、悲劇は後半24分に訪れた。アーセナル陣地に攻め込むバルセロナのパスが乱れ、メイトランド=ナイルズがボールを回収すると、ドイツ代表GKベルント・レノにバックパスした。

 しかし、レノはパスの方向とは全く異なる方向に位置取りしており、ボールは緩やかなスピードで無人のゴールに転がっていった。唖然とするような痛恨のミスで同点弾を与えてしまうと、勢いを取り戻したバルセロナは後半45分にウルグアイ代表FWルイス・スアレスがダイレクトボレーをネットに突き刺し、決勝弾を記録した。

 当然、各メディアで取り上げられているのは、お粗末なオウンゴールの場面だ。英メディア「プラネット・フットボール」は「メイトランド=ナイルズがコメディーなオウンゴールを記録」と取り上げ、「この21歳を不憫に感じるが、それでもあまりに奇妙な瞬間となった」と綴っている。

 また、英紙「ザ・サン」は「アーセナルファンはメイトランド=ナイルズがスアレス以上のフィニッシャーであると太鼓判」と見出しを打って報じ、的確なコースを突いた一撃にサポーターが皮肉を送っていることを紹介。一方、英紙「デイリー・ミラー」は「このエラーはウナイ・エメリ体制のアーセナルが守備面の問題を抱えているという最新の実例となった」と指摘し、昨季51失点を喫した守備陣に警鐘を鳴らしていた。

 新シーズンは“ビッグ6”のライバル以外にも伏兵エバートンから昇格組のアストン・ビラまで積極的な大型補強を敢行しており、アーセナルが守備を改善することができなければ、足元をすくわれる可能性も十分にありそうだ。(Football ZONE web編集部)