好きな男性にはあの手この手で計算高くアピールしたり、好意があることを匂わせるのが得意な女子。でも、「それって何アピールなの?」と言いたくなるような発言をしてしまう人もいます。今回は、そんなちょっぴり恥ずかしくて痛々しい勘違い発言をピックアップしました。

「好きになると尽くすタイプ」

「友達は好きな男性にいつも言うことがあって、『私こう見えて、好きになるとめっちゃ尽くすタイプなんだよ』がお決まり。見た目は派手なので意外と尽くすことをアピールしたいのでしょうが、本当に尽くす子ってわざわざ自分から言いませんよね。一緒に合コンに行くと、『また言っているわ……』としか思わなくなってきましたが」(女性・34歳)

▽ 自分は尽くすタイプだとアピールする女子は多いのでは? 尽くしてくれる女子は男性ウケも上々だと思いますが、自分で言ってしまうとその価値を下げてしまいます。言葉ではなく行動でアピールするほうがいいかもしれませんね。

「夜はドMになる」

「俺は下ネタとか気兼ねなく話せる女の子は好きだけど、たまに『夜はめっちゃドMになるんだよね』とカミングアウトしてくる子っていますよね。そうやって言えば男はいろんな妄想を繰り広げてくれると思っているのかもしれないけど、別に興味ない子に言われてもどうでもいいです……」(男性・30歳)

▽ こういった発言は脈ありな男性にのみこっそり教えてあげると効果的かもしれません。誰にでもペラペラ話していると、ただの「下品な女」という扱いになるので注意!

「束縛とかしない主義」

「女子会で恋愛トークしているときに『私、彼氏には束縛とかしない主義なんだよね』と言っている子に限って、勝手に彼氏の携帯を見たり嫉妬深かったりするんですよね。きっと気になる男性にもそうやってアピールして付き合い始めるんだろうけど、実際はネチネチと執念深い性格だと判明してフラれていますね」(女性・28歳)

▽ 自称サバサバ女子って感じですね。たしかに自分でサッパリした性格だと言い切ってしまう人で、本当にそうだったことって少ないですよね。男性もこのような女子にだまされないでほしいです。

「軽い女じゃないから」

「飲み会とかで『私全然軽い女じゃないから〜』ってベロベロに酔っ払って言う女の子。確実に軽いですよね。ガードが固かったらそんな無防備に酔わないし、そもそも自分で言わないし。遊ぶだけならいいけど、彼女にするには無理なので恋愛対象外ですね」(男性・29歳)

▽ 発言と行動が矛盾しているような気がしますよね。軽い女に見られたいのか、そうではないのか……。男性は、「手は出しやすいけど本命の彼女にはふさわしくない」と判断するようです。

「○○な性格でしょ?」

「やたらと積極的にアプローチしてくる女の子がいて、その子に『たかしくんってけっこうマイペースな性格でしょ? 仕事とか遅刻していない? 大丈夫?』と言われました。心配するつもりで言ったと思うんですがカチンときましたね。
そんなに知りもしないくせに性格を決めつけられるのが嫌だし、『遅刻していない?』とか大きなお世話だよって思いました」(男性・32歳)

▽ 「あなたの性格はなんでも知っています」という理解があることを示したいのでしょうが、男性からすると逆効果なようです。彼女でもないのにわかったようなことを言うのはご法度なのかも。

「これを言えばきっと落とせる!」と意気込んでも、全て裏目に出ることがあります。あまり狙いすぎずナチュラルな自分でいるほうが、男性には好感を持たれるでしょう。