フジテレビ社屋(C)日刊ゲンダイ

写真拡大

 フジテレビの女子アナによるステマ疑惑。芸能人御用達の人気美容室とその系列店でカットやネイルなどの施術をタダで受け、その見返りとして、店のSNSに写真をアップするなど広告塔として宣伝に一役買っていたと週刊文春が報じ、騒ぎになっている。「めざましテレビ」の井上清華アナ(25)、「ノンストップ!」の三上真奈アナ(32)、「プライムオンラインTODAY」の宮澤智アナ(31)ら7人で、野島卓アナウンス室部長によって事情聴取されているという。

フジ違反 武田総務相「放送法改正」発言はTV局への脅しか

「彼女たちは女子大生時代から芸能プロにも所属しているし、無料でカットモデルなどをしていたはずですから罪の意識はなかったはず。同僚に誘われたんだけど、ちょっとお得よ、という程度の軽い感覚で手を出したのでしょう」

 フジテレビの内情に詳しい関係者はこう述べ、さらにこう続けた。

「衣装はレギュラー出演中の番組ならスタイリストが用意してくれます。気に入ったものは市価の4割くらいで買い取りも可能。メークだって、スッピンで局入りして番組の打ち合わせの前後に(メーク室で)やっていますけど、普段の美容代くらいは出せるはずです」

■SNSで自己PRも仕事のうちとはいえ…

 悪意はなくても構図としては業者にタカっているようにも見えるが、同情の余地もなくはないという。

「女子アナというとかつては花形職業でしたが、今はそうじゃない。いくつもの番組に呼ばれ、MCをしたりしていても、その番組が終われば次が待っているという保証はありません。キャスターになってニュース番組で活躍するなんてごく一部。30代になればお呼びがかからなくなり、アナウンス室で電話番です。お座敷がかかるうちにイベントの司会とかできる限りのことをやってみて、自分で生きていく道を模索している。SNSで自己PRも仕事のうち。なかなかシビアなんです」(芸能リポーター) だからといって自覚がなくてもステマ行為はアウト。フジテレビは「就業規則に抵触する行為が判明した場合には、適切に対処」するそうだが、画面から女子アナが消えることにならないか。