世界遺産・ガラパゴス諸島沖合に約260隻の中国漁船 フカヒレ目的か

ざっくり言うと

  • エクアドルの世界遺産・ガラパゴス諸島沖合で中国漁船約260隻が確認された
  • フカヒレ目的でサメ漁をしているとみられ、エクアドル側は乱獲の影響を懸念
  • 自制を求めているが、中国政府は「公海上で合法的だ」として応じていない

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x