ホンダはガソリンエンジン中心の考え方だった 世界初の量産市販ハイブリッド車(HV)として、トヨタ・プリウスは1997年に発売された。そのあと、99年にはホンダ・インサイトが発売になった。日産からも、2000年にティーノ・ハイブリッドが発売されたが、これは100台限定で、当時としては先駆的なネット販売であった。