兄弟漫才コンビ・中川家(中川剛、中川礼二)

写真拡大 (全7枚)

兄弟漫才コンビ・中川家(中川剛、中川礼二)が20日、都内で、公開中の映画『それいけ!アンパンマン おもちゃの星のナンダとルンダ』の大ヒットを記念した、舞台あいさつを行った。

毎年、子ども達に勇気と希望を与えようと制作されてきた、映画アンパンマン。今作は、2〜3歳連れのファミリー層に向けたキャンペーンを展開中で、子どもたちの"映画館デビュー"を促している。

その結果を見ると、今月2日から10日までの累計で、159,345名の観客を動員。シリーズ歴代2位を記録した昨年作品を越えて、107%増であるデータを公開している。

中川家の二人は、今作で、弟の礼二がやさしいロボット・ナンダ役を務め、兄の剛が海の主:ヌラ役を任されていた。

家族連れに向けたトークショーを展開したところで、「僕たちの見た目。あまり似ていないから(役所に)調べに行ったことがあるのです」という突然の告白があった。すると、会場がざわつき、司会を務めていた日本テレビの岩本乃蒼アナウンサーが反応しづらい様子を見せていた。

▼ 中川家の(中川剛、中川礼二)


▼ 中川剛


▼ 中川礼二


▼ アンパンマン


▼ アンパンマン


▼ 映画「それいけ!アンパンマン おもちゃの星のナンダとルンダ」予告編


■関連リンク
映画「それいけ!アンパンマン おもちゃの星のナンダとルンダ」 - (映画館デビュープログラム)