準々決勝ポルトガル戦でカルバーリョの股間を踏みつけ一発退場悔恨の記憶は誰にでもあるはずだが、イングランド2部ダービー・カウンティの元イングランド代表FWウェイン・ルーニーにとってのそれは、2006年ドイツ・ワールドカップ(W杯)準々決勝のポルトガル戦で犯した退場劇のようだ。英紙「ザ・サン」が報じている。同大会に出場した当時のイングランド代表にはルーニーのほか、MFデイビッド・ベッカム(元マンチェスター・