百田尚樹氏のツイート

写真拡大

27日、作家の百田尚樹氏がTwitterで、戦前のマスコミが当時の陸軍大臣の東條英機を揶揄した「弱腰東條、勝てる戦を何故やらぬ」という言葉を「弱腰東條、“勝てぬ”戦を何故やらぬ」と誤った記述で投稿した。



このツイートで、開戦を煽ったとする朝日新聞を批判しようとした百田氏だったが、意味が逆になってしまい、当時の朝日新聞への批判は成立しない結果になってしまった。

なお、百田氏は、以前にも「快哉を叫ぶ」と記述すべきところを「喝采を叫ぶ」と記述し、Twitterユーザーからツッコミを受けていたこともある。

【関連記事】
百田尚樹氏が引退発言するも誤字を含む痛恨のミス
百田尚樹氏が「朝鮮のことわざ」ツイートでフォロワーが一挙に減ったと明かす
百田尚樹氏が在日問題に関する“デマ”リツイートで「悪質」と非難されることに